少人数クラス指導&個別指導FT

 中学生は「学校の成績(内申点)を上げる!」ことに主眼をおき、学校の授業進度に合わせた少人数指導と、各自の得意分野をさらに強化し、苦手分野を克服する個別指導を行います。「楽しく学びながら試験で点数が取れる実力の養成」を目指します。
 中学3年生からは内申点を上げることと並行して、「入試で点数を取る実力」を養成していきます。全11回の模擬試験を通じて本番での時間配分や解き進めるペースを習得し、10月から始まる入試対策講座で、神奈川県の入試に頻出する問題を中心に徹底的に演習します。

中間期末試験・高校入試までのペースメイクは少人数クラス指導

 少人数クラス指導では,各中学校の授業の少し先を学べる授業を行っています。そのため,定期試験の2週間前には試験範囲の学習が終わり,定期試験対策授業に移行します。各中学校に合わせた試験対策問題集,生徒一人一人の目標に合わせた個別試験対策問題集で徹底的に対策を行います。
 中学3年生は10月から入試対策講座が始まります。まずは入試に向けた総まとめを行い,3年間で学んだ内容をしっかり復習します。次に神奈川県の入試形式の実践問題を徹底的に演習。入試本番を想定して,全県模試&W合格模試を全6回,フィット内模試を全5回実施しますので,本番で必要以上に緊張してしまったり,ペース配分を間違えてしまう心配も軽減できます。
 すべては志望校合格のために。フィットは全力で生徒をサポートいたします。

苦手な教科・単元の克服は個別指導

chugakusei.jpg

 サタデースクールでは、個別指導を行っています。自分のペースで学べる個別指導の利点を活かして、苦手な教科の補習や前学年までに学んだ内容の振り返り、学校の宿題や提出物など、各自の課題に合わせた学習を行うことができます。ご面談の際に、学力&成績アップのための最適な学習プランをご提案させていただきます。クラス指導の授業をお休みしてしまった場合の補習指導も行います。

日々の家庭学習や試験対策に「Super学習システム」

 フィットで導入しているこのシステムの中枢は、基礎から入試レベルまである数十万題もの問題データベース。最大の特徴は解けた問題・解けなかった問題がデータ化され、生徒ごとの「弱点」を瞬時に分析、弱点克服まで類題がくり返し出題されます。
 最後は達成感・充実感でスッキリした笑顔に。苦手を克服するのが楽しくなります。

FT~内申対策個別指導&テスト~

 FT(フィット・タイム)とは、各生徒の習熟度に合わせて個別指導を行う時間です。神奈川の入試制度で最も重要な内申点を上げることに特化しています。フィットのこれまでの経験と実績を基に、各生徒の得意な分野を伸ばし、苦手な分野を克服する指導システムです。
 内申点を上げるには、それぞれの教科別に設定されている各観点の評価を上げなければなりません。そのために、FTでは、まず小テストを行い、全員が教科書レベルの標準的な問題を解けるようになることを目指します。これは各科目の「知識・理解」や「技能」の観点を高めます。次に、生徒ごとに設定した目標達成のための個別指導を行います。入試レベルの高度な問題への対策指導(「見方や考え方」「思考・判断・表現」の観点対策)や学校の提出物の評価UP対策指導(「関心・意欲・態度」の観点対策)などを行います。提出物の対策指導は、主要5教科だけでなく技能4教科も行います。

授業教科

国語 〔各中学校準拠の試験対策と神奈川県高校入試対策〕

 フィットの国語の授業は完全中学校準拠。日々の授業では〔光村図書〕の教科書と準拠テキストを用いて、定期試験を念頭に置いた指導を行っています。文法指導にも力を入れています。品詞の分類や用言の活用など、中学生が苦手ととらえる分野にはじっくり時間をかけて取り組みます。中学三年生では、数多くの入試問題に取り組み、入試本番に向けて実力を養成します。

数学 〔圧倒的な問題量とオリジナル予想問題で試験対策〕

 教科書準拠のテキストを用いた詳細解説授業と圧倒的な問題量を誇る生徒別プリント教材を用いた個別指導の融合。プリント教材は基礎問題から難解問題まで、生徒一人一人に合った出題。数学の得意な生徒は難関私立対応問題、基礎から学びたい生徒は途中計算の書き方の詳細まで、講師が個別に指導します。試験前には長年にわたる各中学校の定期試験問題ストックからオリジナル試験予想問題を複数作成、繰り返しチャレンジすることにより、自らの目標点をアップを目指します。

英語 〔教科書・学校準拠の本文解説授業と多量の練習問題〕

 フィットの英語の授業はNEW HORIZON〔東京書籍〕のテキスト用いて本文訳、文法解説。定期試験での出題が多い例文や、熟語などを詳細解説。また、準拠テキストとプリント教材を用いた練習問題は講師が個別指導を行います。プリント教材では、生徒一人一人に合った問題を出題。英語が得意な生徒は英作問題などの難問。基礎から学びたい生徒はbe動詞と一般動詞の判別問題や、並べ替え問題などの基礎問題からの出題。多種多様なニーズに対応。試験前には、試験範囲を単元別に、単語の意味・単語のつづり・教科書本文の重要表現・基本文の文法問題・教科書本文引用の長文読解問題をステップアップ方式で徹底トレーニング。スモールステップ方式なので本人のやる気を維持したまま、次のステップにすすめます。最後までやり抜くと英語の力がいつの間にか身についています。

理科 〔各中学校の指導内容に合わせた先回り授業〕

 フィットでは中学一年生から理科の指導に力を入れています。理科の学習内容は多種多様。理科とは自然(宇宙)のルールを学ぶ教科です。生物、化学、物理、地学、天体、気候など一見関係の無いように見える分野が一つの教科として集合しています。一つ一つを丁寧に見ていけば中学範囲に難問はありません。また、一年生の学習範囲は簡単で、三年生が難しいということもありません。フィットでは理科の時間を長めに設定し、各分野を丁寧に解説し、理科好きな生徒を増やしていきます。試験前はオリジナル予想問題を複数、学校ごとに作成。万全の準備をしています。

社会 〔各中学校の指導内容に合わせた先回り授業〕

 全ての教科で言えることですが、フィットでは学校の指導範囲より二つも三つも先の単元を指導することはありません。「ちょっと先」がフィットのポリシーです。学校が各種行事などで指導進度が遅れた場合はチャンスととらえて、復習や予想問題に力を入れます。特に地理・歴史は学習範囲が学校とずれてしまうと学習効率が下がってしまいます。学校が「九州地方」を学習しているなら、フィットでは一週間前に「九州地方」を。学校が「鎌倉時代」なら、フィットでは「室町時代」がベストだと考えています。フィットでは学習範囲を短期間に暗記するのではなく、まずは大きな流れをつかんで、その後繰り返し学ぶことにより記憶の定着を図ります。社会は学校の先生の癖の出やすい教科です。学校のノート作りも指導しています。

対象学年

中学1年生~中学3年生

教科

英語・数学・国語・理科・社会

曜日と授業時間

  • 中学1年生
    • 月曜日と木曜日(週2回)
      • 午後7時15分~午後9時45分
  • 中学2年生
    • 月曜日と水曜日と金曜日(週3回)
      • 午後7時15分~午後9時45分
  • 中学3年生
    • 火曜日と木曜日と土曜日(週3回)
      • 午後7時15分~午後9時45分
        ※各学年とも、5月~9月の期間は10分繰り下げとなります。

月額授業料

  • 中学1年生
    • 26,400円(税込)
  • 中学2年生
    • 33,000円(税込)
  • 中学3年生
    • 4月度~9月度 33,000円(税込)
    • 入試対策講座1期(10月度)~6期(3月度) 39,600円(税込)

※兄弟姉妹授業料減額、卒業生弟妹授業料減額も併用できます。